SNS report (Social net working report)

国内、国外のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の動向をお伝えしていきます。各サービスのレビューや、SNS文化に対するコラムなども。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
カレンダー対応に見る、各サービスの立ち位置
先日、gree、mixiが相次いでカレンダー機能を搭載しました。

友人の誕生日だけでなく、参加しているコミュニティのイベントなども
掲載、mixiは指定した地域の天気予報まで表示します。

ここ数ヶ月でSNSが「珍しい物」から「普段使うツール」へと急速に
立場を変えている気がします。
(あくまで東京在住、20代男性、IT業界という筆者の場合です)
友人との連絡もメール、IMから、メール、SNSメッセージ、IMと
形を変えました。

ビジネス用途としては難しいかもしれませんが、
うまくそれらの諸連絡の予定をカレンダーに組み込めれば、
簡易的なスケジューラーや、グループウェアとして利用出来るように
なるのではないかと思います。
これは、「毎日使わせる」SNSの方向性としては正しい物だと思います。
否応なしに毎日アクセスせざるえないわけですね。

この点は「OSを目指す」グリーとしては、持って行きたい方向でしょう。
またユーザー数で肉薄しつつあるmixiも、グリーで載せている機能は基本的にキャッチアップし、
SNSのスタンダードを奪取しようとすると思います。

対して他のSNS。
Alexaのグラフを見て頂いてもわかるのですが、他のSNSは
アクセス数(もちろん会員数も)において、大きく遅れをとっています。
この差を今後、急激に埋めることは難しいでしょう。

毎日使わせる為の機能を追加するよりも、
キヌガサならばエンターテイメント関連の機能や、jugemとの連携。
UUMEはコミュニティ機能の充実。

といった、得意な機能をさらに強化、サイト自体を特化していく方向に
なっていくのではないかと思います。

米国の事例を見ると、ユーザーは今後さらに拡大すると思われますし、
(現在のさらに数十倍まで)
ユーザーの使い方もこなれてくるはずです。

今後は1〜2個の”トータルサポートSNS”で友人ネットワークの管理を行い、
さらに数個の”特化型SNS”を好みに応じて使い分けるといった、
活用の仕方になっていくのではないでしょうか。
スポンサーサイト
- | 15:13 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sns.jugem.jp/trackback/28
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"